西尾茶体験ツアーへ行ってきました!
茶摘みトップIMG_8091

こんにちは!スタッフ川端綾子です。

昨日、西尾茶体験ツアーへ行ってきました!

天気も良く、汗ばむ陽気の中、茶工場見学や茶摘み体験など、盛りだくさんのツアーでした。

当店のお客様18名と、地元の茶道教室に通っている方など、総勢30名の参加で楽しい一日でした!

 

茶祖之寺「紅樹院」さんにて

DSC_1390

お抹茶とお菓子で一服しながら、ご住職さまより西尾茶の歴史の勉強。

お寺IMG_7998

西尾抹茶と季節の和菓子「枇杷」で一服

お抹茶IMG_3321

西尾抹茶は、香りも高く、ふくよかな甘みと旨みがしっかりあり、宇治と並ぶ、抹茶の産地で有名な地域です。

西尾「賓水園」さんのお抹茶です。 私は、抹茶はここと決めています。

 

 

 

西尾茶の原樹 紅樹院境内にて

原樹IMG_8007

原樹2IMG_8008

明治5年、紅樹院住職の「足立順道師」が宇治より種子を持ち帰り、翌年に境内北東隣に種を撒き、茶畑の開拓や技術導入が行われ、明治17年頃には茶園が広がり、今日の西尾茶の基盤を築いたそうです。

 

続いて、抹茶の原料となる、碾茶(てんちゃ)工場の見学

茶工場IMG_8018

摘みとったあとの生葉は、蒸気で蒸し、冷却、乾燥、葉・茎分け、再乾燥を経てできあがります。この状態のお茶を「荒茶」と呼びます。

その後、お茶問屋さんへ渡り、さらに茎の部分(骨)や、粉の部分などを選別し、仕上茶となります。仕上げた「碾茶」を石臼で挽くと「抹茶」になります。

煎茶の製造工程との大きな違いは、「揉む」工程がない所です。煎茶は揉むことで針状になります。

 

荒茶IMG_8029碾茶IMG_8028

碾茶骨IMG_8026碾茶2IMG_8025

 

できたばかりの碾茶を、工場の方が、急須で淹れてくれました。

普段、絶対に飲めない抹茶の原料「碾茶」を、急須で淹れてみると・・・香りがすごく良くて、ほのかな甘みと旨みですごく美味しかったです。

碾茶 淹れIMG_8031

 

 

お楽しみのお弁当タイム

お弁当IMG_8037

碾茶ごはんIMG_8040IMG_8039

なんと!お茶碗の蓋がすり鉢になっていて、自分で碾茶をすって炊き立ての西尾産のごはんに混ぜ、「碾茶ごはん」に!

瀬戸焼と、日本茶インストラクター協会愛知の方とのコラボ商品だそうです。

ほのかな甘みと香りがとてもよく、おかわりする方も続出していました!

新茶のお浸しや、抹茶羹など、さすがお茶処西尾ですね!どれも美味しかったです。

 

昼食のあとは、日本茶インストラクター流の「抹茶の点て方レッスン」

IMG_8059

はじめに、少量の水で抹茶を練ると、ダマにならず口当たりがまろやかなお抹茶が点てられます。

私も家で抹茶を楽しむときはこの点て方ですが、口当たりのまろやかさが本当に違います!

 

 

新茶の淹れ方レッスン

ブログ用 淹れ方説明IMG_8069

美味しく新茶を淹れるコツをお話させていただきました。

 

メインイベント「茶摘み体験」

茶摘みIMG_8093

茶摘み2IMG_8090

左手で茎を持ち、右手でしごきながら今年出た葉を摘んでいきます。みなさん黙々と真剣です!

抹茶(碾茶)の茶畑は、寒冷紗と呼ばれる、覆いをかけ、日光を遮ることで、渋みが少なく旨味や甘味がしっかり蓄えられ、美味しい抹茶となります。

 

西尾茶を思いっきり満喫できたツアーとなりました!

私自身、何度か訪れている西尾ですが、久しぶりの茶摘み体験だったり、茶工場見学ができて、新たな発見もいっぱいありました。

参加された皆様、どうもありがとうございました。

 

6月18日(土)に開催する、「新茶を楽しむ」日本茶ワークショップでも西尾の新茶をご用意しています。

この時期にしか味わえない、旬のお茶を楽しんでみませんか。

ご参加お待ちしております。