みなさん、こんにちは。スタッフ川端綾子です。

今年も残すところ2週間となりました。1年経つのは早いですね~。

 

さて、現在好評開催中の「MARUNI COLLECTION展」 25日(日)まで開催です!

img_8311

愛知県ではなかなか見られない、Roundishテーブルや、「minä perhonen」とコラボしたHIROSHIMAアームチェアなど、ぜひ座り心地を体感してみてください!

 

 

フェア特別展示パネル「minä perhonen」

「minä perhonen」の“dop”生地を全面に張ったパネルや、ポスターを展示しています。

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

dopとは、イタリア語の「ダブル」に由来。

“dop”は木のように日常的に使い込み、年月を経る中で起こる摩擦によって表面の糸が擦り切れ、裏面の色が現れてくる性質を持ちます。擦り切れてしまったから劣化した、古くなったから張り替えるという発想ではなく、生地自体が年月の中で変化し、擦り切れたところからのぞく新しい色を楽しむことができます。

長い年月の中で家具に張られた生地もまた、形や色を変化させながら、使う人の癖や空気までも染みこみ、愛着が湧く。 そんな皆川 明さんの想いから誕生した生地です。

 

ポスターの、“FATHER  IS BLUE SON IS YELLOW”

お父さんの代はブルーの生地の椅子で、息子の代に椅子を譲るときには、擦り切れて裏地のイエローが出てくるという意味です。

永く、永く、次の世代まで使いたい椅子ですね。

 

生地見本をご用意しております。

%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0fullsizerender

 

MARUNI COLLECTIONは、使う人の生活に溶け込み、長い年月をかけて変化していく椅子や布地を、共に楽しんでいただける、そんな椅子です。

フェア期間は残り1週間となっております。

ぜひ、この機会に「MARUNI COLLECTION」を体感してみてください。