LAPUAN KANKURIT

ラプアンカンクリ

ラプアンカンクリブランドページ画像1

日々の暮らしに寄り添う北欧のテキスタイル。
フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町ラプア。
ラプアンカンクリは、『ラプアの織り手たち』を意味しており、素朴で率直なネーミングに誠実なフィンランドの気質を感じます。
辺り一面が真っ白な雪で覆われる長い冬と、全てが輝く一瞬夢のような夏。 厳しいながらも美しい自然環境で、ラプアン カンクリのテキスタイルは日々織られています。

ラプアンカンクリが大切にしていることは2つあります。
1つ目は専門知識を高めること。徹底的にこだわり抜いた素材を使って、息の長いテキスタイルをつくり続けています。
2つ目は家族経営であること。ラプアンカンクリで働く人々は,自分の家族のように大切な存在であり、共に過ごす仲間なのです。人とのつながりを大切にしながらラプアン カンクリは成長してきました。小さな町工場としてスタートしたラプアンカンクリの製品が、世界中でファンを増やし続けている秘訣は、身近な人を大切にすることなのかもしれません。

ラプアンカンクリブランドページ画像2
ラプアンカンクリブランドページ画像3

高品質なヨーロッパリネン製品のみに与えられる『Master of Linen』の称号を与えられたリンネ素材やコットン素材のタオル、ウールでできたショールやブランケット。これらは、天然素材にこだわり、家庭で使われることを最も意識した機能性と耐久性を備えた製品です。
リンネ素材は、洗えば洗うほど手になじみ、心地よくさらりとなめらかな肌触りで、夏に使用するには最適です。風合いと質感は包み込むような感覚を与え、一度手に取るとやみつきになります。夏は汗を吸い取りながら、肌にも優しいリンネ素材のタオルをお子様のタオルケットとして利用、冬はウールのブランケットをひざ掛けやストールとして利用できます。1年を通してラプアンカンクリの製品をお楽しみ頂けるのも魅力の一つです。

デザインはシンプルで落ち着いたなものから可愛らしいものまで幅広く、1つあるだけで家庭が和み、華やぐようなデザインになっています。また軽くて持ち運びにがしやすいく、様々な用途で使用でき、お祝いやお誕生日の贈り物にも喜んで頂けます。
幅広いデザインは、デザイナーが何度も試作や、織り方の研究した製品ばかりです。カラーバリエーションも豊富なため、選ぶのが楽しくなります。
そんなラプアンカンクリのデザインは、国内外の7人のデザイナーによって生み出されています。鹿児島 睦や鈴木 マサルといった、日本人のデザイナーも数々の作品を手掛けています。

ラプアンカンクリブランド画像4
ラプアンカンクリロゴ

流行に縛られないデザインは、各デザイナーによって様々な世界観を持って生み出されるため、飽きることなく愛着を持って使用することができます。
またラプアンカンクリの製品は、使い込むにつれて素材の風合いや肌触りが変化し、自分にぴたりのものとなり、生活の一部として欠かせない存在になっていきます。
北欧らしい見た目の可愛さと機能を兼ね揃えた製品は、現在フィンランド国内だけでなく国外からも多くの注目を集めています。
設立から100年の間に培った専門生を生かし、ラプアンカンクリはこれからも、暮らしに寄り添う表情豊かなテキスタイルを世界に届けていくでしょう。