TYスクエアプレート130(ホワイト)

遥か昔、4百年前に作られた道具としての器。その時代を想いながら柳原照弘は、新たな素材を用い、多様な食生活を受け入れるシンプルな形状の陶磁器のシリーズを開発しました。用途を限定しないフレキシブルな形状とどんな料理にも合わせやすい白い食器はまさに”スタンダード”です。



ブランド

1616/arita japan(イチロクイチロクアリタジャパン)

サイズ

W125×D105×H14mm

材質

磁器

生産地

佐賀県西松浦郡有田町

備考

電子レンジ・食器洗浄機(家庭用)〇、直火・オーブン×

配送料

有料
※複数のご注文で¥5,000以上のご注文の場合は無料でお届けさせていただきます。(※北海道・沖縄に関しては¥5,000を超えた場合でも送料¥324(税込)をいただきます。)

ギフト

ラッピングをご希望の場合、1点のみの場合は元々の箱に入れてラッピングさせていただきます。
複数のご注文分をまとめてラッピングをご希望の場合、別途ギフトボックスをご購入いただく必要がございます。ギフトボックスのご購入は→こちら

注意点

掲載の写真と実際の商品とでは、色や質感が異なる場合がありますので予めご了承ください。

デザイナー

designer
柳原 照弘(ヤナギハラ テルヒロ)

1976年 香川県高松市生まれ。2002年 自身のスタジオを設立。「デザインする状況をデザインする」という考えのもと、国やジャンルの境界を超えたプロジェクトを多数手がける。2011年より、「新たな創出の場」として京都に国内拠点を移し、世界との接点を生み出すべくプロジェクトを企画、展開している。DESIGNEASTディレクター、KARIMOKU NEW STANDARD クリエイティブディレクター。主なクライアントはKARIMOKU NEW STANDARD、 LIM HAIR、木村硝子等の国内企業からOFFECCT (スウェーデン)、PALLUCCO (イタリア)、SERGIO ROSSI (イタリア) 等、国外でも多数のプロジェクトに携わる。

シリーズリスト



ブランド

brand
1616/arita japan
(イチロクイチロクアリタジャパン)

有田焼の産地である佐賀県・有田は、1616年に陶祖、李参平によって日本で最初に陶磁器が作られたとされる場所。四百年を経てもなお、色あせる事のない妥協の無いものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。豊富な経験と技術をもつ有田の人々と共に、デザイナー柳原照弘は、今日までの有田の歴史と対話をしながら、物語をつなぐ新たな陶磁器ブランドを生み出しました。遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた1616 / Arita Japanは、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。これからの未来に寄り添う、新しい器のシリーズです。

¥ 864 税込

加算ポイント:40pt

商品コード: 13706

ブランド: 1616/arita japan(イチロクイチロクアリタジャパン)

関連カテゴリ

  1. テーブルウェア
  2. 洋食器
数量